アーティスト別検索/る*しろう


る*しろう   le silo

メンバー
菅沼道昭(dr) 金澤美也子(key,Vo) 井筒好治(G)
1999年結成。1992年にメジャーデビューしたエレガントパンクが母体。
元々歌ものバンドだったが時がたつにつれプログレ化。
名前の由来はドラマーの菅沼道昭の父親の名前からとったもの。

 1stアルバム「8・8」
2004年発売
「ルインズ」のドラマー吉田達也プロデュースによる”る*しろう”の1st。脳髄をミキサーで掻き回したようなサウンドにノック・アウト間違いなし
 以下ドラムマガジンスコア掲載号
 

M-1ソレイユ 
(Aメロでの別表紙に組み換えるアプローチ)
ドラマガ2020年2月号58ページ EX-1 A・B・C


M4 ドイツの医者 
(3連系のショートドラムソロ) 
ドラマガ2020年2月号58ページ EX-2


M7 マジックカーペットライド
(パラティドルを使ったハイハットワーク)
ドラマガ2020年2月号58ページ EX-3


M11 くねり腰
(5/8・9/16・3/4・7/8・6/8変拍子プラスメトリックモジュレーション)
ドラマガ2020年2月号59ページ EX-4
 




2stアルバム「8・8」
2006年発売 
驚異のハイパー・アヴァンギャルド・トリオ「る*しろう」のセカンド・アルバム!
 以下ドラムマガジンスコア掲載号


M2 魅惑のハワイ旅行
(メロディに合わせたユニゾンプレイ)
ドラマガ2020年2月号59ページ EX-5


M4 日曜の昼間にドアを叩いて起こさないで
(メトリックモジュレーションパート 16分の3つ割り)
ドラマガ2020年2月号59ページ EX-6


M7 る☆クスチャー
(11拍子の変態アプローチ)
ドラマガ2020年2月号59ページ EX-7


M8 ヘビダンス
(フロアタムサイドにセットしたサイドスネアでのプレイ)
ドラマガ2020年2月号59ページ EX-8




3rdアルバム け~さ~み~の~ KESAMINO
2014年発売  
日本前衛ロックの異端児、野蛮ギャルド・ピアノ・トリオ"る*しろう"の3rdアルバム
 以下ドラムマガジンスコア掲載号
 

M1 ズンダズンダつ / Zunda Zun da tsu
(イントロのウッドブロックを使ったプレイ)
ドラマガ2020年2月号60ページ EX-9


M3 パロパロ / Paro Paro
(ピアノソロバッキングでの5拍子アプローチ)
ドラマガ2020年2月号60ページ EX-10


M5 ケンジ / Kenji
(7拍子での5つ割りフレージング)
ドラマガ2020年2月号60ページ EX-11


M13  ヘヴィカショット /Hevika Shot
(5拍8連を使ったプレイ)
ドラマガ2020年2月号60ページ EX-12



 4thアルバム yamai
2019年発売
る*しろう結成20周年記念アルバム発売。異端のジャパニーズ・アヴァンロック・トリオ<る*しろう>5年振りの4thアルバム。
 以下ドラムマガジンスコア掲載号
 

M2 俺 ,ピン様
(オープンハンドでの奏法)
ドラマガ2020年2月号61ページ EX-13


M6 マッサマン
(ギターソロ部での拍子の解釈を変えたアプローチ)
ドラマガ2020年2月号61ページ EX-14


M7 MMM (My Majestic Maneuver)
(メトリックモジュレーションパターン)
ドラマガ2020年2月号61ページ EX-15


M11 ごきげん(それって)
(ギターソロ部の6/8拍子での5つ割りフレージング)ドラマガ2020年2月号61ページ EX-16

リズム&ドラム・マガジン 2020年2月号 リットーミュージック





PR




PR